カウンター


カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


プロフィール

isceo

Author:isceo
東京湾奥で黒鯛を追いかけまわしているRFC所属の黒助です。
短竿夜釣り専門??

RFCとは?
東京湾奥のとある赤灯台、集う黒鯛師が気さくな挨拶から始まった楽しいクラブです。
クラブメンバーは凄腕黒鯛師ばかりで、湾奥ならではのデカイ黒鯛を難なく釣り上げる!?


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レポ忘れ・・・黒鯛の干物

以前干物のススメなどで紹介した黒鯛の干物レポートをすっかり忘れておりました・・・(≡ω≡.)

釣った黒鯛は基本的に食べるのですが、刺身や煮魚・塩焼きだと保存がきかないのと、冷凍すると少し臭みが出てしまうので干物にして冷凍すると1ヶ月ぐらいは味も落ちずに美味しくいただけます!


まずはちょっと簡単にレシピのおさらいから(・∀・)つ

黒鯛の干物を作る場合は、体長40cm位までの黒鯛を3枚におろします。

おろし終えた半身を、皮の部分に隠し包丁をかなり大きめに入れます。
(焼いた際に皮が縮んでしまい身が反ってしまう為)

余計な汚れなどをキッチンペーパーなどで拭き取ります。

ボウルに計量カップすりきり一杯の塩を入れます。

今度は計量カップに水をすりきりで4杯~5杯入れます。
(好みにより調節してください、4杯だとかなり濃いめの味付けになります)
黒鯛は身が厚い為、濃いめの塩水に漬け込みます。

そのまま40分~50分ほど漬け込みます。

漬け込み終わったらキッチンペーパーで余計な水分を拭き取り干物網などに干します。
(基本日影干しで約2日間ほど)

表面に光沢のある膜が出来て触ると指紋が残る程度になったら干物の完成です。

そのまま焼くのも良いですが、僕は半日ほど冷蔵庫でラップをかけて熟成を落ち着かせてから焼いて食べます!

黒鯛干物



次は焼きです!

焼く5分ほど前にグリルに火を入れて温めておきます。

強火で7分~10分程、身から焼きます。
(焼き過ぎないように注意)

裏返して強火で5分~7分ほど焼きます。
黒鯛干物

(写真は5分ほど経過したところ、もう少し焼きましょう)

ついに焼きあがりました!!
黒鯛干物



うまそー!身から脂が出てきておりますよ~('▽'*)ニパッ♪
黒鯛干物



干すことによって黒鯛の臭みはほとんどありませんので食べやすいです。
塩気が利いているのでそのまま酒の肴に最高!
鯛茶漬にも抜群に合います。

もう干物サイコー!!!!!

PS:失敗例としては塩水濃度が低かった為、アミノ酸分解が進んでしまい干している最中に汁気が多くなってしまいました。
スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。