カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


プロフィール

isceo

Author:isceo
東京湾奥で黒鯛を追いかけまわしているRFC所属の黒助です。
短竿夜釣り専門??

RFCとは?
東京湾奥のとある赤灯台、集う黒鯛師が気さくな挨拶から始まった楽しいクラブです。
クラブメンバーは凄腕黒鯛師ばかりで、湾奥ならではのデカイ黒鯛を難なく釣り上げる!?


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩分濃度が上昇中!?

ここ最近、釣果が伴わない日々が多いです・・・トホホ

本当に時期だけの問題なのか?はたまた腕か?
色々調べてみると今年の海はちょっとおかしいかも・・・

水温の平均温度は例年に近い水温か少し高いぐらいですが、塩分濃度が36%とかなり高い状態となっています。
基本的には湾奥での塩分濃度の平均は30%程度(+2%)で6%との上昇は非常に高い数値と考えられます。

原因の考査としては、雨量の減少や河川への地下水減少が考えられ、地球全体の環境変化や工業用地下水汲み上げなどが起因かもしれません・・・

黒鯛にとっては低塩分域での生息も可能な生態なので、塩分上昇は厳しいのかも知れません。
また、ノッコミ等産卵に必要なエネルギーを塩分濃度上昇に伴い、体内塩分調整を頻繁にすることによって削がれてしまっている可能性もあります。
(ここ最近の抱卵状況の考査)

※魚は糞尿とともに塩分調整を行います、この際エネルギーの40%近くを塩分排出に使っているとも言われています。

参考資料等はここを参照しても良いかも知れません。
また、毎日更新しているデータを参照したい場合はここをご覧下さい。

釣りを通じて環境も考えなければいけませんね。
また上記の考査は個人的考査によるものです、黒鯛の釣果との関連は不明です(爆)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://isceo.blog2.fc2.com/tb.php/177-92213d7c

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。