カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


プロフィール

isceo

Author:isceo
東京湾奥で黒鯛を追いかけまわしているRFC所属の黒助です。
短竿夜釣り専門??

RFCとは?
東京湾奥のとある赤灯台、集う黒鯛師が気さくな挨拶から始まった楽しいクラブです。
クラブメンバーは凄腕黒鯛師ばかりで、湾奥ならではのデカイ黒鯛を難なく釣り上げる!?


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堤防探査

12月18日 第二エデンへ

堤防調査隊の巻き

PM19:30頃、第二エデンへ出撃~♪
この日はマツさんが購入した新兵器で堤防調査をしようと、非常に楽しみな釣行です。

そう新兵器とは水中ビデオカメラ!!
釣り場の海中部分はいったいどうなっているのか?

釣りをしていると非常に気になるところ・・・
今までは、通ってなんとなく堤防下がイメージできるようなレベルですが、これを使えば何故いつもここで根がかりするのか?とかハングの中はどうなっているのかとかもう一目瞭然です。

ストラクチャーの構造など想像とは違う事に驚愕すること間違い無し!!

今回はただ見るだけでなく、ビデオカメラで記録として残しておいてRFCのメンバーで解明していこうというのが狙いです。

早速、現場に入りカメラセッティング

ビデオは僕の物を使用してなので、事前に作動チェックが出来なかった事もあり録画に苦戦(´・ω・`)

何とか録画が出来るようになり撮影開始!

6mのタモ柄に付けて水中へ・・・

そこには信じられないほどの着生生物の数!!

しかも一般的に言われているより全層にびっしりと(つд⊂)ゴシゴシ

浅ダナ付近や底など、想像していたよりも餌となる着生生物の多さ、隠れられるストラクチャーの構造など、「なるほど!」っと感心することばかり(゚ロ゚;)エェッ!?

ちなみにお魚さんが映るかと期待したんですが、警戒したのか姿は見れず・・・

一頻りポイントを撮影し、短時間ですが竿を出すことに!

更なるポイントの絞込みや、無駄が省けて水中カメラの効果は絶大

想像より見たままをイメージして落とせるので非常に楽になります。

ですが、本命からの音信は無くメジナ・メバル・フッコのみ・・・

とそこへマツさんがタモに入れて何やら搬送!?

流石マツさん!外側は流れも早く、何より10m近い風が吹く中でなんと32cmの本命ゲット!!

その後も少し粘るものの、僕は見事惨敗

しかし、今日は非常に収穫の多い日になりました!

マツさんお疲れ様でした~!

新兵器
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://isceo.blog2.fc2.com/tb.php/187-22f956bb

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。