カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


プロフィール

isceo

Author:isceo
東京湾奥で黒鯛を追いかけまわしているRFC所属の黒助です。
短竿夜釣り専門??

RFCとは?
東京湾奥のとある赤灯台、集う黒鯛師が気さくな挨拶から始まった楽しいクラブです。
クラブメンバーは凄腕黒鯛師ばかりで、湾奥ならではのデカイ黒鯛を難なく釣り上げる!?


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来るだけ装備を!

最近、黒鯛を求めて沖やディープな釣り場に行く事が多く、足場の悪い所もズンズン進んで行ってしまいます。
当然、危険度が上がると他の釣り人や同業者も少なくなってくるので、危険度と比例して魚影も濃くなってきます。

その中でも、濡れたテトラや敷石の上を歩くとなると、慣れている僕も”ヒヤッ”とする事が多いです。

転倒、即大ケガに直結するので装備はしっかりしたいものです!

特に今の時期、敷石など見た目は歩けそうでも、実際歩いてみるとノリや汚れなどでアイスバーンと同じくらい滑ります。

実際何度か転倒したことがあり、大きなケガまでは行きませんでしたが、その日の釣行を取りやめるような事がありました。
(-д-;)

あと2年程前に、ある釣り場でテトラ下が敷石幅20m程あるところで、ルアーをしているアングラーが先端まで行ったものの、40分程で強風が吹き始めて引き返そうとした時転倒して手首を骨折してしまい、20m先端で動けなくなって遭難状態になっていたのを助けた事がありました、足元を見ると普通のスニーカー・・・転倒するは当然

足場の悪そうな場所での釣行は、絶対に無理をしない、横着しない事が第一です!

出来るだけ、テトラや足場が濡れているような場所での釣行をする際はフエルト底の靴かスパイクを履きましょう!!

思わぬ怪我で一生竿を握れない体になるかもしれませんし、怪我をすれば周りの方に多大な迷惑をかける事にもなりますので、ちょっとした用品などで安心安全が保たれるなら、高価な竿を買うよりフエルト靴や身を守る用品なども購入して頂きたいと思います。

初心者の方や慣れていない方は、危険度が高い場所での釣行は慣れている方と必ず複数人で釣行しましょう。


※写真はフエルトピンスパイクの愛用の靴です。
※¥4800.-程度です。


フエルト靴
Powered by PICS



フエルト靴
Powered by PICS



フエルト靴
Powered by PICS

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://isceo.blog2.fc2.com/tb.php/292-d0d73d06

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。