カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


プロフィール

isceo

Author:isceo
東京湾奥で黒鯛を追いかけまわしているRFC所属の黒助です。
短竿夜釣り専門??

RFCとは?
東京湾奥のとある赤灯台、集う黒鯛師が気さくな挨拶から始まった楽しいクラブです。
クラブメンバーは凄腕黒鯛師ばかりで、湾奥ならではのデカイ黒鯛を難なく釣り上げる!?


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近狙っている欲しい物!

最近、めっきり竿を出す場所が無くなり、さびしい限りです・・・
(´;ω;`)

奥湾にはアングラー心をくすぐる場所が多いですが、立禁が行く手を阻むことが多くムリをすると警察沙汰になり、家族や会社など色々な方に迷惑をかけてしまう事になります。

しかし、黒鯛など繊細な釣りは公園などではかなり無理があり、渡船などファミリーや一般のつり人がなかなか行かない、沖に目を向けているのが現状だと思います。
それでもRFCメンバーは、地続きで釣り上げてしまうのですからすごいのひと言ですが(((( ;゚д゚)))

僕も地続きでのヘチや、落とし込みが大好きですが、なかなか苦労して日々釣り場を探し回っているのが現状です。

表題に戻りますが、今一番欲しい物はボート!
船舶免許は持っていないので、ゴムボートですがその中でもパワーボートといわれるものです。
全長3m以下のエンジン付き(3馬力)があれば、面白そうなストラクチャー部分や場荒れしていない場所で釣りを楽しむ事ができそう!
ただ、小さいので危険と隣り合わせなのも事実・・・
通常の小型プレジャーボートだと購入費用や維持がかかりすぎて到底無理
(;´Д`)

何とかならんもんか・・・
アングラーの共通の悩みでもあります!

そうそう、欧米ではどうしているかというと、つり人の免許が必要だったりします。
免許といっても簡単な講習を受けてもらうんですが、つり人税金みたいな物で年間日本円で¥8000円程度だったと思いますが(国や州にによって違うかも)警備の人が免許を確認して問題を回避しているようです。
お金はかかりますが、マナーの悪いつり人の排除や沿岸保護にはなっているようです。


ゴムボート
Powered by PICS

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://isceo.blog2.fc2.com/tb.php/299-f606e24a

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。